おせちの歴史について

おせちの歴史です

季節が変わる節目に神様に収穫物をお供えし、神様に感謝をしました。
この神様に供えた収穫物を節供(せつく)といいます。
収穫された海の恵み、山の恵みをお祝いするために節供を料理したものを節供料理といい、これがおせち料理のはじまりと言われています。
季節が変わる節目に行われていましたが、年が新しくなるお正月の料理だけをお節供料理と呼ぶようになりました。
そのためおせち料理には、山の幸、海の幸が入っているのです。
お正月料理がおせち料理と呼ばれるようになったのは、江戸時代からです。
また、おせち料理の材料はほとんどが、その頃選ばれたもので、1年の季節ごとの代表的なものが選ばれています。
このように聞くと、おせち料理がなんだかかしこまった料理のよですが、庶民文化が作りだした、だじゃれやたとえ話にちなんだメニューが選ばれています。
有名な話ですが、黒豆はまめに働きまめに暮らせますようにという意味がこめられた料理です。
また黒色に魔除けの力があると信じられていたため、黒豆が使われているそうです。
なんだかよくわからないけれど、かしこまった雰囲気があるおせち料理ですが、調べてみると、とても親しみのある料理でした。
これからは、山や海の恵みに感謝するというシンプルな気持ちでおせち料理を食したいと思います。

売れてるおせちNo.1!

9800円〜早割価格で、高級料亭のおせちが超お得です!

匠本舗の京都高級料亭のおせち

京都高級料亭のおせちはこちら