おせちの中身 具材の意味

おせち料理のお品の解説


黒豆
黒豆のいわれはまめに働き、まめに暮らすという意味合いからおせちに入れられるようになりました。
さらに黒色が魔よけの色とされていて、無病息災の意味があり食べられるようになりました。

 

くるみ
くるみはとても固い殻にしっかりと木の実が守られています。そのため、昔からくるみは家庭を守る、そして家庭円満の願いを込めておせちに取り入れられました。もちろん、豊かな実りに対する感謝も含まれています。

 

紅白なます
紅白なますは紅白の色によるめでたい意味を表すとともに、大根が地面にしっかり植わっていることから、家がしっかり栄えるようにという願いが込められています。また、平和を願う意味もあります。

 

たつくり
田作りに使われる、カタクチイワシの稚魚は昔肥料として使われ『ゴマメ』と言われていたそうです。(『ゴマメ』=『五万米』)
そのようなことから、田作りには「豊作を祈願」するという意味があるそうです。

 

栗きんとん
栗きんとんの『きんとん(金団)』とは金の団子、もしくは布団という意味で、お金や小判のかたまりに例えられます。それを模した栗きんとんを年の初めに食べることで、その年の金運・財運の安定、商売繁盛がもたらされると信じられているため、日本の伝統的なおせち料理には必ず栗きんとんが入っています。

 

かまぼこ
元々は神饌、つまり神が捧げる為の白米、赤米を模したものです。
赤は魔除け、白は清浄を表し大変縁起の良いものです。
かまぼこの形状が初日の出に似ているという話もあります。

 

昆布巻き
おせち料理にはおめでたいモノを入れる習慣があるため、昆布巻きは「よろコブ」という語呂合わせ意味と、子生婦(こんぶ)と言う字をあてて子供に恵まれて子孫繁栄すると言う意味でおせち料理の定番となっています。

 

くわい
くわいから大きな「芽が出る」ことから出世の祈願や、くわいの一つの根にたくさんの子がついていることから子孫繁栄を願う縁起のよい食物としておせちに入れられるようになったようです。

 


お正月に食べるおせち料理。その中に入っているものの一つに鯛があります。焼き魚の状態で入っていますが、なぜ鯛なのかというと「めでたい」という語呂合わせから来ています。
その他おせちの材料は一つ一つ由来はあります。調べてみると面白いですよ。

 

海老
おせちの定番の一つである海老のいわれは、長いひげや腰が曲がっている姿から長生きすることを祈願しておせちに入れられるようになりました。
また海老の紅が華やかであることからおせちに用いられるようになりました。

 

数の子
数の子のいわれは、卵がたくさんあることから子供にたくさん恵まれるよう子孫繁栄を願って食べられるようになりました。
数の子はニシンの卵なので「二親」にとも言われ、二親健在とも言われています。

 

錦玉子
裏ごしした玉子の白身と黄身の組み合わせが鮮やかな錦玉子。
玉子の黄身の黄色、白身の白が金銀を連想することから、金運に恵まれるという願いが込められています。
また、錦玉子が2色(にしき)の色から作られているのを錦と語呂合わせし、縁起が良いことから新年の節目を祝うおせち料理の定番として、入っています。

 

伊達巻
伊達巻の「伊達」は、華やかさや派手さを示す言葉で、伊達巻はその見た目の豪華さから御節料理に加えられています。伊達巻の形が巻物に似ていることから、学問や習い事の成就を願うものとされています。

 

売れてるおせちNo.1!

9800円〜早割価格で、高級料亭のおせちが超お得です!

匠本舗の京都高級料亭のおせち

京都高級料亭のおせちはこちら