匠本舗のおせち料理2018 通販 口コミと評判のまとめ!

匠本舗のおせち.biz

匠本舗のおせちは魅力的おせちが盛りだくさんです!

早割価格で、高級料亭のおせちが超お得です!

匠本舗のおせちはこちら

京都祗園 料亭の岩本のおせち「匠」

匠本舗 京都料亭の岩本のおせち

 

匠のおせちは京都の高級柳亭岩元の監修だけあって豪華絢爛であり品があり、それぞれの具材も伊勢えびの豪華さから練り物の品の良さまで、まず一番に目を楽しませてくれるはずです。そして口に入れるとさすがに実績1と思わせるたいへんバランスのとれた美味しさを味わえます。

 

まるで何十年も続いている老舗料亭のような佇まいがとても味があってわくわく感を抱かせてくれる外観です。店内も無駄が無く落ち着いた雰囲気を醸し出しており大切な人と来店したい気分にさせてくれます。店主さんは真剣に料理に取り組む真面目な板長さんといった風貌です。

 

まずは壱の段を見て下さい!
伊勢えびや数の子など豪華絢爛を絵に描いたような壱の重です。黒豆には金箔をあしらって更に豪華さを演出しております。和え物なども丁寧な料亭ならではの仕事を感じていただけると思います。また、口に入れれば料亭ながらの仕事をさらに感じて頂けるはずです。

 

弐の重では定番の海老やいくら、昆布巻きなどお正月らしさを味わえる食材を楽しんでいただけます。また「かきの時雨煮」など料亭でしか味わえない食材も所々に入っていて目や舌を楽しませてくれる事は確かです。

 

参の重では「紅鮭の西京焼き」と「ぶり照焼き」など焼き魚を二品入れるなどお酒の肴にも楽しめる食材を色々取り揃えております。全部で14品目と様々な食材を使用し食べる人を決して飽きさせることは無いお重となっております。

早割価格で、高級料亭のおせちが超お得です!

匠本舗のおせちはこちら

 

 

京都料亭道楽のおせち

京都料亭道楽のおせち 新玉の息吹

京都料亭道楽のおせち 新玉の息吹

 

京都料亭道楽のおせち 清心

匠本舗、京都料亭道楽のおせち 清心

 

見た目のボリューム感はもちろん、色彩豊かな、縁起の良い食材がふんだんに使われているおせち料理です。縁起よく1年をスタートしたい新年にもってこいです。品数も多く、美しく盛られたおせち料理は、ご家族揃って楽しめる絶品です。

 

建物や外観からは、老舗料亭が積み重ねた歴史や伝統の重みを感じます。それでいて、洗練された風情豊かな空間の広がりが今の時代ともマッチしています。店主様は、まさに日本料理への愛情にあふれた料理職人で、優しい笑顔からは心を込めたおもてなしを感じます。
壱の重
まず大きく目をひく鮮やかなロブスター、1年のスタートには縁起の良さ抜群です。その横の鮮やかな黄色がまぶしい栗きんとんや、金箔まじりの黒豆など、食材の色を存分に活かし、日本料理の色彩の豊かさを大いに表現しているおせち料理です。
弐の重
碁盤の目に綺麗に美しく盛りつけられたおせち料理は、お料理の範疇を超え、まさに芸術性を感じます。焼き海老、こはだ栗漬や白花豆、若桃糖蜜煮など、海の物、畑の物など食材のバランスも豊かで飽きない味を楽しむことができます。
参の重
一手間が日本料理の美しさとおもてなしを高めます。市松チーズサラミは美しくも可愛らしい一品です。煮物や焼物を中心とした中でも、鮭西京焼、海老錦玉子、蟹信太巻など和食の王道となる一手間をかけたお料理が、最高の味を引き出します。

早割価格で、高級料亭のおせちが超お得です!

匠本舗のおせちはこちら

 

祝肴三種

祝い肴三種とは黒豆、数の子、田作りの3品です。黒豆の黒は長寿をもたらし、豆は1年間まめに働けるという意味です。
数の子は卵なので子孫が繁栄するという意味です。田作りは良い米が取れるという意味です。3品とも縁起物としておせち料理に入っています。

 

関西風の肴三種とは

「数の子」,「黒豆」,「たたき牛蒡」を指します。
「数の子」には,卵の数が多いことから子宝に恵まれ子孫繁栄の願いが込められます。
「黒豆」はまめに働け健康でいられるようにとの願いが込められます。
「たたき牛蒡」は牛蒡が地中深く根を張ることから,家の安泰の願いが込められます。

 

関東風の肴三種とは

「数の子」,「黒豆」,「田作り」を指します。
「数の子」には,卵の数が多いことから子宝に恵まれ子孫繁栄するように願いが込められます。
「黒豆」は魔除けの黒で邪気払いと,語呂合わせでまめに働けるようにとの願いが込められます。
「田作り」は豊作祈願の意味が込められます。

 

お雑煮の由来ってご存知でしたか?

お雑煮の中にはお餅が入っていますよね。このお餅というのは、鏡餅などを神様にお供えすることで
その餅に神様の力が宿るという言い伝えがあるんですね。そのお供えしたお餅や食べ物を私たちが食べることによって、神様の力を自分の体に
取り込むことによって、神様からご利益を頂く。というとても神聖なお料理だったんですよ。そんな意味合いが込められているお雑煮は、正式には、
元旦に初めて汲んだお水、若水というのですが、このお水で作ることが正式なお雑煮なんですって。

 

2018年度版!野村佃煮のおせち料理がすごい!

京都老舗の佃煮屋というのを、店の外観から感じます。純和風の趣のある店の外観と大きな入り口は、訪れるお客様も安心して入る事ができます。優しい笑顔の店主が、京の人々に愛されてきた味を守り続けています。
筍のにしめや、祝海老など春の訪れを感じさせる食材を配置。中でも、紅梅餅や餅飾りは、味はもちろんの事、見た目にもこだわり繊細な仕事を施されています。射こみ高野豆腐は、しっかりと味がしみ込み、京の味を感じていただけるでしょう。弐の重は、京の町を連想させる碁盤の目のように9つに仕切られ、それぞれのマスに、懐かしさと、高級感を詰め込んだお重になっています。中心に配された、宝石のように真っ赤なイクラが食欲をいっそう引き立てます。丸たたき牛蒡は、大地の恵みを感じさせる1品です。
参の重は、おせちには、欠かせない黒豆ふくませを中心に。たっぷり詰め込まれた田造薄味、牛蒡にしめ、昆布巻きなどおせちの定番料理を詰め込み、新年の始まりと、自然の恵みを丁寧に調理しました。中でも蕗にしめには懐かしさを感じる1品です。

 

2018年度版!東観荘の宝寿千おせち料理がすごい!

このおせちの中に海老があなたには何個あるように見えますか?一個でしょうか?六個でしょうか?正解は十一個あるんですよ。なんとも豪華ではないでしょうか。え?十一個もないって?いやいや、ありますよ。あなたがこのぎゅうぎゅうに詰まった重箱の中から、海老と蟹と・・・etc。
豪華な三つのお重にはイセエビやアワビ、ぶりが並び色鮮やかながら旨味も凝縮されたおせちです。隙間なんてありません!余すことなく美味のお料理の数々をしっかりつめこみました!正月、フタを開けて驚くこと間違いなしの絶品料理の饗宴です。 荘厳な雰囲気の中にも気品と渋さが漂う佇まいの料亭と優しい笑みがとても良い印象の店主さんからは美味しいお料理とサービスが受けられるだろうなと感じ、一度は来店してみたいなと思わせる魅力があります。 黒豆にも豪華な配慮が施されています、金箔があしらわれ脇役になりがちな黒豆も箸をつい運びたくなるような雰囲気に!いくらの醤油漬けの塩味を味わったかと思うと、市田柿の甘みが味わえる味へのバランスも計算された組み合わせとなっています。 おせちの不動の定番である伊達巻や子持ち昆布もしっかり詰め込まれており、もろこの山椒煮などは艶やかで実に良い味が思想で食欲をそそります。海老の艶煮もプリプリとした触感が見るだけで伝わってくるような美しい仕上がりです。 なんといっても一番目を引くのは鮑福良煮です、その存在感はロブスターにも引けを取りません!少し控えめに添えられているフォワグラのテリーヌやローストビーフも普段では食卓にあまりあがらないような豪華な装いですね。

 

林裕人2018 宝船のおせちは凄い!

自らを庶民派と言い切り伝統を重んじていながらも華やかさのために新しいものもどんどんと取り入れていこうという姿勢は、ワンパターンになりがちな普段の食事を一歩新しい世界に導いてくれるような親近感があります。 紅白なますや、黒豆といった伝統的でみんなが大好きなものももちろん入っていながら、帆立の生姜和えや日向夏ういろうといった目新しいものが混在しており、迷い箸はいけないと知りながらも何を食べようか迷ってしまう楽しさがあります。 伝統的な品を重要視した中「リンゴ金団レーズン乗せ」はかなり斬新に写ります。人気の金団がリンゴでさっぱりとし、甘さも控えめで、レーズンの食感がアクセントになっています。いつも以上に取り合いになること間違いなしです。